旅行の記念にスタンプと言えば、大体の方は自分専用のスタンプ帳にスタンプをする方が殆どだと思います。
現在でも交通新聞社の「わたしの旅スタンプノ−ト」を片手にスタンプする方を見かけるかと思います。
私も、記念に大学ノ−トにスタンプとコメントを残して日記帳みたいなものを書いていますが、
コレクションとしてスタンプを押す場合はスタンプ帳でなく、ハガキサイズの情報カ−ドに押すことにしています。 
これには理由があります。

 第一にスタンプ帳に押す場合ですと、上手く押せずに失敗してしまうこともあるからです。その点普通の紙に押す場合ですと、
失敗してもまた情報カ−ドに何回でも押して、その中から一番上手く押せたものを選んで保存出来ます。

 第二に、押した後どうやって整理するかを考える場合です。例えば、わたしの旅スタンプを整理・保存する場合、
東京・田町・大船・・・と順番にそろわないと自分の気が済まないものでして、後からスタンプが増えた場合、
挿入や組み替えが出来るように考えるからです。スタンプ帳に押したものを順番を入れ替えするとなると、
せっかく押したスタンプ帳をバラバラにしてしまう事になりますから・・。

 第三に、後でもふれますが、自分が余分に押してきたものを他の人と交換したり、差し上げたり出来るからです。
また万一保存していたものを紛失した場合の予備ということで紙に何枚か押しておくと、後々便利になること間違いないと思います。


 
では、実際スタンプ帳以外の普通の紙に押すとなると、どんな紙を選べば良いのか。ここでは私が普段使用している用紙を紹介します。

 メインに使用しているのはライフ社の「情報カ−ド 無地」です。郵便ハガキと同じ素材を使用しています。
長年の経験から、スタンプを押すのはこの紙がベストだと思います。インクの付きがもっとも良く、
アルバムに整理・保存する事を考えてもベストだと思います。また情報カードはいろいろなメーカーから発売されていますが、
このライフ社のものは「薄すぎず、厚すぎないちょうど良い厚さ」「表面がなめらか」という点で非常に優れた商品だと思います。

情報カードを使うにあたって数少ない欠点をあげるとするなら、紙自体が厚いので持ち運びには不便ということぐらいでしょうか。
またこの情報カードを扱っている店があまりないので旅先で用紙を切らしてしまった時に簡単に調達できないことがあります。
なお、当サイトの掲示板で取り扱い販売店目撃情報のスレッドを設けていますのでご活用いただければと思います。

情報カ-ドライフ社製情報カード

もう一つは、交換や差し上げる分として使っていますが、コクヨの「メ−30」です。情報カ−ドに比べると紙が薄く、
単価も安いことからこの紙を使っている方も結構多いようです。ただ、気をつけないといけないのは、
紙の薄く吸い込みが良すぎるので、2枚目の紙に押したスタンプの跡が写ってしまうことです。
そうならないように、私は紙と紙の間に不要な紙を挟み込むようにしています。
 

メ−30コクヨ メ-30